2010年04月13日

「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに(読売新聞)

 日米地位協定の前身にあたる日米行政協定で、日本に駐留する米兵らの犯罪について、米側に実質的に裁判権を譲るとした日米間の「秘密合意」が存在したことが10日、外務省の調査で明らかになった。

 日米行政協定では、米兵らの公務外の犯罪は日本に裁判権があると規定していたが、研究者らが米国の公文書で秘密合意の存在を発見、指摘してきた。日本側でこの点が判明したのは初めて。

 文書は、1958年10月4日に当時の岸信介首相、藤山愛一郎外相とマッカーサー駐日米大使らが日米安全保障条約の改定交渉をした際の「会談録」。外務省が昨年、日米間の核持ち込みなどの「密約」に関して調査した際に見つかった。

 この中で、マッカーサー大使は、日米行政協定の改定をめぐって開かれた53年10月28日の日米合同委員会の議事録に、米兵の公務外での犯罪について、「日本側は裁判権の行使を譲る」と記録されていることを指摘。大使は「公にして差し支えないなら、甚だ好都合である」と日本側に公表するよう求めたが、日本側が応じなかった経緯が記録されている。この結果、裁判権の放棄は、秘密合意のまま維持されたとみられる。

 駐留米兵の犯罪をめぐる裁判権の所在は、駐留国の主権にかかわる問題ととらえられてきた。韓国でも朝鮮戦争後、裁判権を米軍が事実上握り、米側に有利な状態が続いたことで国民の不満が高まった。

 在日米軍をめぐっては、国際問題研究者の新原昭治氏が2008年、米国の国立公文書館で、日本側が日米合同委員会で「日本に著しく重要と考える事件以外では、裁判権を行使するつもりがない」との見解を示した文書を発見した。今回の文書はこれに符合する。

 日米間の「密約」を検証した外務省有識者委員会の坂元一哉阪大教授は、「外務省の他の文書などから、この日米申し合わせは、60年の安保改定時も引き継がれたと理解している」と指摘し、60年に発効した日米地位協定下でも適用された、との見方を示す。現在は米兵が日本で起訴される例はあるが、「法務省の統計上、米兵の起訴率は同じ犯罪での日本人の起訴率より低い」との分析がある。

核なき世界へ「大きな一歩」=核不使用、ルール化に努力−岡田外相(時事通信)
閉店間際狙う?ビデオ店強盗、14万円奪う(読売新聞)
<訃報>西山静さん85歳=元東京商工リサーチ社長(毎日新聞)
行員演じ現金引き出す=詐欺容疑で2人逮捕−関西で4000万円被害か・兵庫(時事通信)
支援者「再審開始すべきだった」=名張毒ぶどう酒報告会−名古屋(時事通信)
posted by タケ マサハル at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

アフガン邦人記者不明「誘拐は承知」官房長官(読売新聞)

 平野官房長官は2日夕の記者会見で、アフガニスタンで取材中の日本人フリージャーナリストの安否不明情報に関し、「誘拐されたということは承知している」と述べ、現地の日本大使館を通じて確認していることを明らかにした。

 具体的な事実関係については「人道的な部分を含めて、発表する、あるいはコメントすることは控えたい」と述べるにとどめた。

 鳩山首相は同日夕、首相官邸で記者団に「早朝、誘拐ではないかという報を受けた」と明らかにした。

 これに関連し、政府高官は「まだ疑いの段階で、明確に事件かどうか分からない。相手側からの要求などはない」と語った。

<コチョウラン>所管法人から就任祝い 環境省幹部を処分(毎日新聞)
普天間移設で詰めの協議=首相と関係閣僚が会談(時事通信)
岡田外相、核軍縮で主導できず不満 会見質問ゼロにすね気味 G8外相会合(産経新聞)
<フロアマット>「全天候型」16車種でアクセルに接触(毎日新聞)
菅氏日本人死刑に懸念 中国首相と会談「基準厳しい」(産経新聞)
posted by タケ マサハル at 17:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

五輪招致検討費削除、広島市長「早急に打開策を」(読売新聞)

 広島市議会が2020年五輪の招致検討費が削除された10年度当初予算案の修正案を可決したことを受け、同市の秋葉忠利市長は26日の記者会見で、「大変残念に思っている。早急に打開策を検討したい」と語った。

 対応策として議会に再議を求める可能性について、「そういうものも含めて検討している」と述べた。

 再議は、予算や条例に関する議会の議決に対して首長に異議がある場合、再び議会に審議を求めるもので、議会が同じ議決をするには、出席議員の3分の2以上の賛成が必要になる。

竹下通りであわや大惨事!「芸能人がいる」デマに女性殺到し将棋倒し(スポーツ報知)
仕分け、党に協力要請=首相(時事通信)
<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
山梨県発注工事で談合か=93年の摘発後も継続−公取委(時事通信)
ギョーザ事件、日中捜査協力「試金石だったが…」(読売新聞)
posted by タケ マサハル at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。