2010年03月27日

日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)

 参院は26日午前の本会議で、日銀政策委員会審議委員に森本宜久・元東京電力副社長を、原子力安全委員会委員に班目(まだらめ)春樹・東大大学院教授をそれぞれ充てるなど、政府が提示した8機関32人の人事案について採決、与党などの賛成多数で衆院に続き同意した。これを受け、近く正式任命される。

 また国主導で進めた「平成の大合併」を打ち切り、自主的な合併支援へと軸足を移す改正市町村合併特例法が可決、成立した。4月1日施行。

【関連記事】
3月の日銀月報 設備投資、住宅など明るい兆しを指摘
1兆6千億円を供給 日銀、追加緩和で
「日銀はインフレ・ターゲットを進化」2月政策決定会合の議事要旨
政府・日銀一体を“演出” 効果乏しく、内実は“同床異夢”
「ミラクルはない。粘り強くやる」 日銀総裁、デフレ脱却で
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<保育所待機児童>4万6058人に増加 厚労省発表(毎日新聞)
自民同士で神経戦!? 参院千葉に出馬予定の猪口、椎名両氏(産経新聞)
三笠宮さまが退院(時事通信)
明石歩道橋事故 検察官役の指定弁護士が遺族と面会(産経新聞)
郵政改革 郵貯上限2000万円に引き上げ…概要を発表(毎日新聞)
posted by タケ マサハル at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。