2010年01月26日

474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で−新型インフル(時事通信)

 海外から輸入する新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省は22日、来月上旬に474万回分を初出荷できるのに対し、医療機関からの希望数量は計200回分だったと発表した。
 輸入ワクチンは、グラクソ・スミスクライン(英、GSK)が来月5日に240万回分、ノバルティス(スイス)は同月3日に234万回分の初出荷が可能という。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
追試実施は見送り=「インフル患者減少」
海外ツアー参加者、11.5%増=アジアが好調
山形で豚が新型インフル=国内2例目

ドラマ「神戸新聞の7日間」、関西の視聴率19・3%(産経新聞)
書道 平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)
シムドライブEV、先行開発車事業…岡山県・鳥取県の狙い(レスポンス)
小沢氏問題 予算成立遅れ懸念 東北各県知事、捜査の在り方賛否(河北新報)
陸山会土地購入 中堅ゼネコン2社を家宅捜索 東京地検(毎日新聞)
posted by タケ マサハル at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。