2010年05月19日

<メキシコ大地震>希少メダカの産卵床破壊 絶滅の心配も(毎日新聞)

 4月にメキシコで発生したマグニチュード7.2の大地震の影響で、米西部のみに生息し、世界で最も数の少ない脊椎(せきつい)動物の一つとされるメダカの仲間の産卵床が破壊された。観察を続けてきた米アリゾナ大などの研究チームは、絶滅へ加速しないか気をもんでいる。

 生息地は、震源から約480キロ離れた砂漠の地下の洞窟(どうくつ)にある。体長は2〜3センチで、洞窟「デビルズホール」にちなんでデビルズホール・パップフィッシュと呼ばれる。腹びれがなく謎の魚として関心を集めてきた。

 周囲の地下水くみ上げで水位が低下し、06年に絶滅寸前の約40匹に減少した。研究チームは産卵床の回復方法を検討するとともに、水中カメラを設置して観察。最近は100匹以上に回復した。

 しかし、大地震直後の様子をとらえた映像を解析すると、約6平方メートルしかない産卵床をつくる小石が流され、栄養源となる藻もはがれたことが分かった。研究チームは「汚れが洗い流され、産卵床が再生する方向に好転してほしい」と注視している。【八田浩輔】

【関連ニュース】
<写真特集>サンゴ礁:命はぐくむ「海の熱帯林」 世界で3分の1がピンチ
<写真特集>海や川の生物たちの写真はこちらで
<写真特集>にぎわいの季節:海にあふれる生命 子孫を残す
<写真特集>赤道直下のガラパゴス諸島で、ダーウィンの足跡をたどる

<婚活>コンブやカツオのかりんとうが大人気 縁結び役に(毎日新聞)
女性遺体 死因はくも膜下出血 殴られたような傷 横浜(毎日新聞)
政策、理念は置き去り…参院選候補、民主、自民など各党とも著名人頼みの傾向(産経新聞)
中村航さん「あのとき始まったことのすべて」刊行 異色の理系小説家、長編に自信(産経新聞)
木曽三川公園 シャーレーポピー風に揺れ 愛知・一宮(毎日新聞)
posted by タケ マサハル at 00:29| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。