2010年01月20日

米国車700台にエコカー補助=簡易制度の輸入車に特例−政府(時事通信)

 直嶋正行経済産業相は19日、記者会見し、エコカーの購入補助金制度を一部見直すと発表した。年間2000台以下を条件とした簡易輸入制度の該当車でも、一定の要件を満たせば同日から補助対象とする。これにより、米国車3〜4車種、700台弱が新たに対象になると推計されるという。
 日本の補助制度に対しては、米議会などで「米国車を排除している」との批判があり、日本側としても一定の配慮を示した。同相は「政治問題でなく、経済問題として対応した」とした。 

【関連ニュース】
【動画】電気スポーツカー「テスラ・ロードスター」
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
ルノー・日産連合、EV促進でスペイン・アンダルシアと協定
三菱自、電池パック組み立てを水島に移管=アイミーブ販売本格化控え効率化
パナソニックと電気自動車用次世代バッテリー共同開発=米テスラ〔BW〕

日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ(産経新聞)
インド洋給油活動が終了=テロ特措法失効、8年で幕−海自撤収(時事通信)
過去問、機器とも再利用=センター試験(時事通信)
<受験の危機管理>第1回 もし、受験票を忘れたら? 鉛筆は必ず持っていこう(毎日新聞)
なた突きつけコンビニ強盗、数万円奪う…山梨(読売新聞)
posted by タケ マサハル at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<志位委員長>オバマ大統領に会いたい 党大会でラブコール(毎日新聞)

 共産党の志位和夫委員長がオバマ米大統領との会談に意欲を示している。静岡県熱海市で開会中の第25回党大会では中央委員会報告の約30分を日米関係に割き、「私たちは米国との真の友好関係を望んでいる」と訴えた。大統領の核廃絶演説を契機とした米国への接近の一環で、志位氏は訪米への期待も隠さない。

 志位氏は報告で、在日米軍基地の危険な実態や日米地位協定の問題点を具体的に挙げ、「(大統領が主張する)対等なパートナーとはほど遠い」と指摘し、「米国はわが国と平等、公正な関係を打ち立てることで、世界から本当の尊敬を勝ち得ることができる」と呼びかけた。

 志位氏は大統領が昨年4月に行った「プラハ演説」を評価する書簡を送り、米国から同党に初めての返書が届いた。その後、7月に米国大使館の「独立233年記念レセプション」に招待されるなど交流は徐々に深まっている。今回の党大会には米国大使館からの来賓出席はかなわなかったが、志位氏は周辺に「私の思いは必ず伝わる」と語っている。【中田卓二】

【関連ニュース】
共産党:党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ
共産党:旗開き 「参院選で躍進しよう」…志位委員長
普天間移設:首相「悩んでいる」 志位委員長と会談
共産委員長:天皇陛下会見「丁寧な対応が望ましい」
共産党:政権を批判 党大会、参院選控え独自色

三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決(産経新聞)
水仙娘が福井の特産品PR(産経新聞)
日本海側で暴風、九州でも積雪…空の便乱れる(読売新聞)
【人・街・声】御徒町 笹本繁宏さん(87) たばこ店主が写した思い出 (産経新聞)
容疑者23日間病気休暇、減給の過去 発砲3人殺害で市長陳謝(産経新聞)
posted by タケ マサハル at 06:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

寒波 北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)

 気象庁は昨年12月半ばから欧州や北米、アジアなど北半球を襲っている寒波について、北極圏で寒気が蓄積と放出を繰り返す「北極振動」という現象が原因とする分析を発表した。ここ30年間で最も強い寒気の放出が1カ月以上続く状態で、日本にも大雪をもたらしている。寒気の放出は弱まってきているが、北極振動は予測が難しいといい、気象庁は引き続き注意を呼びかけている。

【写真特集】13日、日本海側を襲った大雪と強風 東京でもクレーンが倒れた

 気象庁によると、先月16日以降の最低気温は、ポーランド・ワルシャワ氷点下19.2度(平年値は氷点下5度)▽ノルウェー・オスロ同17.9度(同6.5度)▽ソウル同15.3度(同6.7度)▽ベルリン同14.4度(同1.3度)−−など各地で30年に1度の異常低温となった。積雪はワシントンで41センチ、ソウルでは26センチを記録した。

 北極振動は北極圏で寒気が蓄積と放出を繰り返す現象。放出が続いているのは、北極圏の気圧が高く、中緯度帯の気圧が低い状態が維持され寒気が流れ込みやすくなっているため。寒気放出の強さは比較できる79年以降で最も顕著だという。

 北極振動のメカニズムは解明されておらず、寒気の放出が強まった原因ははっきりしない。今後について、気象庁気候情報課は「数日程度で寒気の放出は収まるとみられるが、その後再び放出される可能性もある」としている。【福永方人】

【関連ニュース】
<写真特集>先月17日も日本海側は大雪 雪がこんもりと屋根に積もった
<気象予報士のコラム>「今日も天気で」雪雲の行き先は風次第=鮫島弘樹
<日本海側「暖冬」のはずが…>06年以来の恐れ 寒気流れ込みやすい気圧配置
<欧州>各地で記録的寒波

小沢氏側に23億円移動=新生、自由党解散時に−多額の公金流入(時事通信)
現在32ポスト、大阪府の天下り10を削減(産経新聞)
免許条件の眼鏡掛けず乗務=東海道新幹線の運転士(時事通信)
向井千秋さん、気象利用に一役=国際検討チームのメンバーに−気象庁(時事通信)
警視庁年頭部隊出動訓練 早朝に敢行(レスポンス)
posted by タケ マサハル at 10:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。